PR

【必見】LINEモバイルは2回線目・2台目の手数料は無料!申し込み方法や注意点

今だけ!10,000円分PayPayポイントプレゼント+全手数料無料適用可能!/

詳細はLINEMOの公式サイト特設ページ(https://www.linemo.jp/)でご確認ください

LINEモバイルが2回線目(2台目)として一番人気があるの理由は、2回線目(2台目)の契約事務手数料を無料にできるからです。

LINEモバイル(現在はLINEMO)は1人で5回線(5台)の複数枚のSIMカードを契約できる格安SIMです。

1回線目は事務手数料がかかりますが、2回線目移行は「追加回線」として契約すれば事務手数料が無料になります。

LINEMOは何回線契約する場合も全手数料は無料です。

  • LINEモバイルの2回線目・2台目の契約事務手数料:無料
  • LINEMOの2回線目・2台目の契約事務手数料:無料(1回線目も無料)
LINEMOを複数回線・2回線以上申し込むする方法手順
LINEMO ラインモを全手数料無料で契約申し込みする方法全手順

2回線目移行の事務手数料を無料にするにはちゃんとした手順を踏んで申込みをしないと事務手数料が無料にならないのでここでは確実に2回線目移行の事務手数料を無料にして契約する方法を紹介します。

LINEモバイルは5回線まで複数回線契約ができる

LINEモバイルは複数回線契約ができる格安SIMです。

LINEモバイルの複数回線契約の最大(上限)は同一世帯で最大5回線まで(5枚のSIMカードまで)契約することができます。

同一世帯とは1つの住所で5回線目まで(5枚のSIMカードまで)契約することができます。

また2回線目以降はここで紹介している方法を使うことで登録事務手数料の3000円を最大で無料にすることができます。

SIMタイプ 登録手数料
データ+
SMS+
音声通話
3000円
0円
データ+
SMS
3000円
500円
データ
3000円
1,000円
LINEモバイルは同一世帯で最大5回線まで複数回線契約できる格安SIM

追加回線を契約する場合は同一契約者名義でないといけない

LINEモバイルを追加回線として2回線目(2枚目)以上契約する場合は、契約者名義は1枚目のSIMカードの契約者名義と同じないといけません。

伊集院
そのかわりに、追加回線として契約する場合は「お客様情報入力」と「本人確認」が省略されます。

同一契約者名義で追加回線として契約すると必要事項入力が省略される

LINEモバイルを追加回線として2回線目(2枚目)以上契約する場合は、契約申し込み時の必要事項の入力が大幅に省略されます。

具体的に省略されるのは以下のとおりです。

  1. プラン選択(通常どおり選択する)
  2. お客様情報入力(省略される)
  3. 本人確認(省略される)
  4. 支払方法選択(通常どおり選択する)
  5. ログインID・パスワード設定(通常どおり設定する)
  6. 申し込み完了

LINEモバイルを追加回線として契約する場合は、氏名、住所の入力、本人確認書類での本人確認のアップロードが省略されます。

伊集院
大幅に入力項目が減るため、1回線5分程度で申込みが完了します。

ただし、本人確認書類での本人確認のアップロードは住所が変わっている場合は、本人確認書類の新住所の本人確認書類の提出が必要になります。

LINEモバイルを2回線目以降契約者名義で契約する場合は「追加申込」から契約する

LINEモバイルを2回線目以降、1回線目と同じ契約者名義で契約する場合は、LINEモバイルのマイページの「追加申込」から契約すると、

契約事務手数料が免除されます。

 

LINEモバイルを2回線目以降別名義で契約する場合は「招待URL」を使って契約する

LINEモバイルを2回線目以降、1回線目と違う契約者名義で契約する場合は、LINEモバイルのマイページの「招待URLから」から招待URLを発行して、

LINEモバイルを契約する人がその招待URLから契約をすると契約事務手数料が免除または割引されます。

この招待URLは家族にたけでなく友達に対しても使えるのでLINEモバイルを契約したい人がいる場合は招待URLを発行してあげると喜ばれます。

LINEモバイルの追加回線はMNPで電話番号を引き継いでも契約できる

LINEモバイルを2回線目移行は「追加回線」として契約する場合は、MNPでdocomo、au、SoftBank、Y!mobileや他の格安SIMから電話番号を引き継いで乗り換えるMNPで

LINEモバイルを契約する場合にも適用されます。

ただし、MNPでLINEモバイルに追加回線で乗り換える場合は、LINEモバイルの追加回線の契約者名義=1回線目の契約者名義と同じ名義でないと、

追加回線としてLINEモバイルにMNPすることはできません。

MNPでLINEモバイルに乗り換える人が契約者名義でない場合は、上で紹介した「紹介URL」で申込みをすれば契約事務手数料が免除または割引されます。

LINEモバイルを複数回線契約の注意点

追加回線契約は契約者名義が同じでないといけない

LINEモバイルを追加回線として2回線目(2枚目)以上契約する場合は、契約者名義は1枚目のSIMカードの契約者名義と同じないといけないという注意があります。

追加回線として契約するのが、1回線目の契約者名義と異なる場合は招待URLを使って申し込むことで契約事務手数料が免除または割引されます。

LINEモバイルは一度に申し込める回線は1回線

LINEモバイルを追加回線として申し込む場合は、一度に申し込める回線は1回線ずつです。

LINEモバイルを追加回線として契約する場合は、氏名、住所の入力、本人確認書類での本人確認のアップロードが省略されて

1回線5分程度で申込みが完了するので1回線すつ申込みをしても時間は消費しません。

まとめ: LINEモバイルは2回線目・2台目の手数料は無料!

LINEモバイルが2回線目(2台目)として一番人気があるの理由は、2回線目(2台目)の契約事務手数料を無料にできるからです。

伊集院
LINEモバイルは1人で5回線(5台)の複数枚のSIMカードを契約できる格安SIMです。

1回線目は事務手数料がかかりますが、2回線目移行は「追加回線」として契約すれば事務手数料が無料になります。

また招待URLを使うことで、家族や友達であっても契約事務手数料を割引することができるので活用しないと損です。

1回線目だけは普通にLINEモバイルを申し込みすればあとの回線は追加回線をつかって申し込むと大幅に節約できます

伊集院
詳しい手順とお得なキャンペーンは以下のページでまとめておきましたのぜひご参考ください。

今がチャンス!特別キャンペーン中!新規契約・他社からLINEMOへ乗り換えで10,000円分PayPayプレゼントプレゼント(ミニプランは5,940円分)+全契約解約手数料無料実施中!土日も契約申し込み&SIM発送対応中!!

\10,000円分PayPayポイントプレゼント+全手数料無料でお得!/

詳細はLINEMOの公式サイト特設ページ(https://www.linemo.jp/)でご確認ください

今がチャンス!!他社からLINEMOへ乗り換えで10,000円分PayPayポイントプレゼント(ミニプランは5,940円分)+全契約解約手数料無料、契約事務手数料無料、SIM発行手数料無料、最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、MNP転出手数料なし!上のバナーから開いて申し込みボタから申し込むと自動適用されます。

※特別キャンペーンのため前触れなく突然終了する場合があります。

この記事を書いた人・監修者

LINEモバイルの契約申し込み・MNPのやり方(方法)と手順完全まとめ
この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです(^^)
フォローするとLINEモバイルの最新情報・お得な情報をお届けします(^^)/
タイトルとURLをコピーしました